スポンサーリンク

京都新聞杯 2020-統計データで読む傾向と予想

京都新聞杯_アイキャッチ G2
スポンサーリンク

京都新聞杯の過去データを探る

このブログでは過去10年のレースデータから簡単な統計を出して傾向を探っていきます。
当サイトの競馬情報をみなさんの競馬予想に役立てていただけたら嬉しいです。

今週のわくわくアナリストは以下のレースのデータを読み解いて情報をお届けします。

5月9日(土)
 京都新聞杯(G2)
5月10日(日)
 NHKマイルカップ(G1)

 

 

更新スケジュール

[05/04/月/21:00]過去10年の結果/統計データ
[05/04/月/21:00]配当データから傾向を探る
[05/04/月/21:00]過去10年の統計データ
[05/05/火/23:20]人気データ分析
[05/06/水/21:00]出走登録馬とデータ照合
[05/07//23:15]オカルト的考察
[05/08/金/13:15]出馬表
[05/08/金/20:30]想定展開/予想公開
[05/09/土/19:00]予想結果/レース結果

過去10年のレース結果

2020_結果京都新聞杯

京都新聞杯の過去10年のレース結果データ

 

 

過去10年の配当データ

2020_配当_京都新聞杯

京都新聞杯の過去10年の配当データ

 

過去の配当データから傾向を探る

配当を基準にして買うなら枠連

 

狙い目の券種は上位から

枠連【1,000円~2,990円:50%
単勝【~490円:40%

※各券種のデータは【過去10年の配当】を参照ください。

 

★50%★
枠連【1,000円~2,990円:50%
平均額:1,959円
中央値:1,620円

平均額も中央値もホットスポット範囲内。流れとしては近5年で範囲内の配当が1回のみなので勢いはあまり感じないが、範囲外も範囲外もどちらも複数年連続しており、昨年2019年が範囲内の配当なので今年2020年も範囲内が連続してくれることを期待する。

枠連5-7で配当は1,260円。期待どおりに範囲内の配当がきた!!

 

★40%★
単勝【~490円:40%
平均額:922円
中央値:630円

平均額も中央値もホットスポットの範囲外。2018-2019年は人気薄が勝利したが、過去10年で見れば1~3番人気で70%を占めているので、これらのいずれかから選ぶと良いかも!?

残念ながら1~3番人気ではダメだった!!4番人気ディープボンドの勝利だ

 

荒れ指数は137
カオス度は★★☆☆☆

 

過去10年の統計データ

2020_統計1京都新聞杯2020_統計2京都新聞杯2020_統計3京都新聞杯2020_統計4京都新聞杯

 


▼▽▼去年の記事▼▽▼

この先は明日更新しますのでまた見に来てくださいね///

 

“人気”データ分析

連系で1or2番人気

人気の組合せを見てみよう。

【2010年】3-2-1
【2011年】3-2-10
【2012年】5-2-1
【2013年】1-9-11
【2014年】3-8-5
【2015年】2-1-6
【2016年】1-9-4
【2017年】2-1-6
【2018年】7-11-4
【2019年】11-2-7

★出現頻度ランキング★
※3着内率:1着~3着※
1位:1.2番人気/60%(7回/10年)
3位:3.11番人気/30%(3回/10年)
5位:4.5.6.7.9番人気/20%(2回/10年)
10位:8.10番人気/10%(1回/10年)

※「複勝馬の過去10年の統計データ」の”人気”欄参照

出現頻度は1番人気と2番人気が最も多く10年で6回。50%を超えているのはこの2つのみ。1番人気と2番人気の2つを軸に考えていくことになりそうだ

 

【1ケタ人気】で過去10年で3着内に入っていない人気はナシ。【2ケタ人気】は3着内に10番人気が1回、11番人気が3回も入っており、特に11番人気は2018-2019の2年連続で3着内に入っている

 

◆1着◆
最も多いのは3番人気で3回。次に1.2番人気が2回、あとは5.7.11番人気が1回となっている。3着内の数だと1番人気2番人気が最も多いが、1着だけに限定すると3番人気が最も多い。単系馬券の難易度がより高くなるので、連系に絞るのもアリかも・・・

 

◆2着◆
最も多いのは2番人気で4回。次に1.9番人気が2回、あとは8.11番人気が1回となっている。2番人気がきたときは妥当な配当になるが、それ以外がなかなかカオス!?8.9.11番人気合わせて4回。やはり単系よりは連系の馬券の方が無難。過去10年間3.4.5番人気が1回も2着になっていないことも頭に入れておきたい。

キタっ!!4番人気ディープボンドが勝利っ!!

 

◆連対(2着内)◆
最も多いのは2番人気で6回。次に1番人気で4回。3番人気が3回。9.11番人気が2回ときて、5.7.8番人気が1回となっている。とりあえず連対軸は2番人気優位。4.6番人気が過去10年1度も連対していないので、特に4番人気あたりは根拠が見つかれば買ってみるのもイイかも

4番人気ディープボンドが勝利。10年以上きていないことに違和感を覚えたら買ってみるのも良いと思うのですよ。4番人気なら10年もあれば1回くらいは連対する方が自然なはずなので

 

◆3着◆
最も多いのは1.4.6番人気で2回。そして5.7.10.11番人気が1回となっている。これは傾向が見えないので難しいっ!?コアな人気は4.5.6.7番人気となっており、2番人気と3番人気は過去10年3着になっていない。

 

◆複勝(3着内)◆
最も多いのは1番人気2番人気で10年で6回。複勝率60%!!。次に3番人気と11番人気が3回。4.5.6.7.9番人気が2回。そして8.10番人気が1回となっている。TOP3に食い込んできている11番人気はとりあえず馬券に絡めておきたい。

 

出現率2トップの1番人気と2番人気の絡み具合を見ていこう。

①1番人気と2番人気はどれだけ多く絡んでいるか?

【2010年】3-21
【2012年】5-21
【2015年】21-6
【2017年】21-6

4回/10年=40.0%
4回/6回=66.7%

10年間で4回ともに3着内に入っており(40.0%)、1番人気も2番人気も10年で6回3着内に入っているので、3着内に入った6回のうちで4回絡んでいる(66.7%)

②結果
(ワイド・三連複の場合)1番人気を軸にしても2番人気を軸にしても、いずれにしても相手として最適だということがわかる。理由としては、1番人気と2番人気の次に多く3着内に入っているのは3番人気と11番人気で、過去10年で3着内に入った回数は3回。これは1番人気と2番人気がともに3着内に入った4回よりも少ないので。

 

◆偶数人気と奇数人気◆

次に上記の人気組合せを偶数奇数に分けてみた。

左=1着 /中=2着 /右=3着
○=奇数 ●=偶数

【2010年】
【2011年】
【2012年】
【2013年】
【2014年】
【2015年】
【2016年】
【2017年】
【2018年】
【2019年】

1着は80%が奇数
2着は偶数奇数半々
3着は偶数奇数半々
比率は12:18
奇数が多めとなっている

★偶数奇数の組合せパターン★
(奇偶奇)は10年で4回=40%
(偶奇偶)は10年で2回=20%
(奇奇偶)は10年で2回=20%
(奇偶偶)は10年で1回=10%
(奇奇奇)は10年で1回=10%

まずは1着から、、、●(偶数人気)の2つはどちらも2番人気で、2番人気以外の偶数人気は過去10年1回も勝っていないので、1着は○(奇数人気)としておく。

 

次に3着を見てみると、○(奇数人気)が3年連続→●(偶数人気)が4年連続というように複数年連続しているのが目立つ。去年2019年が○(奇数人気)に切り替わっているので、今年2020年も○(奇数人気)が連なるのではないかと思う。

 

最後に2着。。。
10年のうち8年で2着と3着は表裏のような関係になっており、2着が○(奇数人気)なら3着が●(偶数人気)というパターンが多い。今年の3着を○(奇数人気)と読んだので、2着は●(偶数人気)としておこう。

 

/と予想しておきますっ///

 

①連対軸は2番人気
②3着内軸は1番人気と2番人気
③2ケタ人気馬もなくはない
④11番人気はとりあえず絡めておきたい
⑤単系より連系の馬券が吉
⑥4.6番人気は過去10年連対なし
⑥2.3番人気は過去10年3着なし
⑦1番人気と2番人気は親和性高し
⑧偶数奇数は/と予想
①2番人気ファルコニアは惜しくも3着
②3着内軸ならファルコニアでOK
③今年は2ケタ人気はなかった
④11番人気キッズアガチャーは9着
⑤————–
⑥キタ!!4番人気ディープボンドが勝利
⑦1番人気アドマイヤビルゴは4着に・・・
⑧結果は【●○●/偶奇偶】・・・真逆じゃん….

過去の統計データに当てはめてみた

過去の統計から見えてきた傾向を、今年の出走登録馬に当てはめて絞り込みますっ!!

 

出走登録馬と前走レース

アドマイヤビルゴ
[前走]若葉S/L
アリストテレス
[前走]すみれS/L
アンセッドヴァウ
[前走]未勝利
イロゴトシ
[前走]若葉S/L
ウシュバテソーロ
[前走]未勝利
キッズアガチャー
[前走]1勝クラス
キングオブドラゴン
[前走]山吹賞/1勝クラス
サペラヴィ
[前走]山藤賞/1勝クラス
シルヴェリオ
[前走]若駒S/L
ディープボンド
[前走]皐月賞/G1←前走チェック!!
ファルコニア
[前走]スプリングS/G2前走チェック!!
プレシオーソ
[前走]1勝クラス
ホウオウエクレール
[前走]アザレア賞/1勝クラス
マイネルブラシウス
[前走]未勝利
マンオブスピリット
[前走]つばき賞/1勝クラス
メイショウサンガ
[前走]未勝利
メイショウダジン
[前走]毎日杯/G3

※正式な出馬表は枠順が確定した後に金曜日に載せます

 

 

過去データ照合

今年の出走登録馬を過去10年のレース結果に当てはめていきます。傾向に該当する馬や近い馬を探していこうと思います。

 

3着

イロゴトシ

今年の出走登録馬を過去10年の『3着のデータ』に照らし合わせ、【3着】の傾向に近い馬を挙げています
※各馬の適性や成績はあえて反映させていません

1位 イロゴトシ
2位 キッズアガチャー
3位 キングオブドラゴン

 

過去10年の結果に照らし合わせた表

2020_数値3_京都新聞杯

3着データと照らし合わせた結果、最も高い数値を出したのがイロゴトシ

 

高い数値を出した項目をいくつか見ていこう。

【脚質】前走で差した馬の3着率は50%
【血統】ターントゥ系の3着率は80%
【小血統】ディープ系の3着率は50%

 

低い数値もチェック

【レース】前走OP戦を走った馬の3着率は10%
3着はファルコニア。イロゴトシは13番人気ながらも5着と大健闘したと思う!!

 

2着

アドマイヤビルゴ

今年の出走登録馬を過去10年の『2着のデータ』に照らし合わせ、【2着】の傾向に近い馬を挙げています
※各馬の適性や成績はあえて反映させていません

1位 アドマイヤビルゴ
2位 シルヴェリオ
3位 キッズアガチャー

 

過去10年の結果に照らし合わせた表

2020_数値2_京都新聞杯

2着データと照らし合わせた結果、最も高い数値を出したのはアドマイヤビルゴ

 

高い数値を出した項目をいくつか見ていこう。

【脚質】前走で先行した馬の2着率は60%
【血統】ターントゥ系の2着率は80%
【距離】前走2000mを走った馬の2着率は60%

 

低い数値もチェック
※突出して低い数値はナシ

アドマイヤビルゴは4着。。。2着はマンオブスピリット。

 

1着

キングオブドラゴン

今年の出走登録馬を過去10年の『1着のデータ』に照らし合わせ、【1着】の傾向に近い馬を挙げています
※各馬の適性や成績はあえて反映させていません

1位 キングオブドラゴン
2位 プレシオーソ
3位 ウシュバテソーロ/キッズアガチャー

 

過去10年の結果に照らし合わせた表

2020_数値1_京都新聞杯

1着データと照らし合わせた結果、最も高い数値を出したのはキングオブドラゴン

 

高い数値を出した項目をいくつか見ていこう。

【脚質】前走で差した馬の勝率は60%
【血統】ターントゥ系の勝率は90%
【小血統】サンデー系の勝率は40%
【レース】前走1勝クラスを走った馬の勝率は60%

 

低い数値もチェック

【距離】前走2200mを走った馬の勝率は10%
【ローテ】中4週の馬の勝率は10%
1着は4番人気ディープボンド。ディープボンドかマンオブスピリットのどちらかが差して馬券に絡んでくるとは思ってたけど、ファルコニアが残ると予想していたのでそこは読みがハズれた///

 


▼▽▼先週のレース▼▽▼

 

 

オカルト的考察

20200408_オカルト的考察Titl

 

『文字数と血統』

下の表は過去10年の1着~3着に入った

馬名の文字数とその集計
2020_オカルト_京都新聞杯

表から見てとれるのは

①馬名9文字の馬の勝率は50%
②2着は8文字か9文字の馬のみ
③1着から3着までの文字数の合計は20以上



上記に追加したいのが【血統】

過去10年の統計の表を見てもらいたいのだが

過去10年の1着~3着が全30頭いて

ターントゥ系は25頭も入っている

約83%がターントゥ系ということになる



馬名と血統から

①9文字のターントゥ系
キングオブドラゴン
ホウオウエクレール

②8文字のターントゥ系
アドマイヤビルゴ
キッズアガチャー

これらの馬が連対するのかもしれない・・・・

20200408_2信じるか信じない

 

ま~~~~るで話にならなかったぁぁぁぁ!!!??・これはキツいなぁ

 

※当レースの本予想はレース前日の5月8日(金)を予定しています。もし遅れた場合はレース当日の正午までにこの記事にUPします。その前に金曜午前中に投票機能付きの出馬表を載せますので、みなさんの予想を投票して教えてください。

↓勝利馬は?↓

↓2着馬は?↓

にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

↓3着馬は?↓

 

出馬表

金曜日に出馬表を載せます

投票してみんなの予想を教えてねっ///

※予想はレース前日の夜に公開しますのでまた後ほどチェックしてみてくださいっ///
※投票ページのコメント欄にあなたのブログの宣伝をしてもOK///

予想

LAPデータ

※このレースでの掲載はありません

 

想定展開

2020_展開_京都新聞杯

アドマイヤビルゴやファルコニアあたりの先行勢に3コーナーを頂点とした下り坂からコーナーにかけて勢いに乗ったマンオブスピリットが追い上げてくるようなイメージ。メイショウダジンはじっくりと好位につけて省エネでサクっと馬券に絡むようなイメージもある

予想印

◎本命 7-10ファルコニア
○対抗 6-8アドマイヤビルゴ
7-11マンオブスピリット
▲単穴 5-7キングオブドラゴン
6-9イロゴトシ
△連下 8-12サペラヴィ
×入賞あり 1-1メイショウダジン
3-3シルヴェリオ
★特注 5-6ディープボンド

 

 

買い目

ぴんた
ぴんた

人気や馬体重により当日に変更する場合はツイートしますので、ツイッターをチェックしてみてくださいっ///

 

単勝 7-10ファルコニア
複勝 7-10ファルコニア  300円的中
6-8アドマイヤビルゴ
5-6ディープボンド 560円的中
枠連 75.6.7(3点)/6-5(1点)合計4点  1,260円的中
馬連 10-6.7.8.11(4点)
馬単 10-6.7.8.11(4点)
ワイド 10-1.9.12(3点)(馬連/馬単と合わせて)
三連複 106.8.11-1.6.7.8.9.11.12(15点)  4,540円的中
三連単 10-6.8.11-1.3.6.7.8.9.10.11.12(21点)

 

 

レース結果

1着 5-6 ディープボンド 和田竜二
2着 7-11 マンオブスピリット 北村友一
3着 7-10 ファルコニア 川田将雅
4着 6-8 アドマイヤビルゴ 藤岡康太
5着 6-9 イロゴトシ 小崎綾也
単勝 6 1,070円
複勝 6 560円
11 430円
10 300円
枠連 5-7 1,260円
馬連 6-11 4,290円
馬単 6-11 9,580円
ワイド 6-11 880円
6-10 630円
10-11 600円
3連複 6-10-11 4,540円
3連単 6-11-10 39,450円

↓勝利馬を占う↓

↓連対馬を占う↓

↓複勝馬を占う↓

にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました