スポンサーリンク

中山競馬場/芝/右/1800mのコース解説

中山芝右1800_アイキャッチ コース解説
スポンサーリンク

中山競馬場/芝/右/1800mのコース解説

中山競馬場の芝右回り1800mのコースの特徴と、2019年に中山芝右回り1800mで行われたレースの勝利馬データを簡単にまとめました。予想の材料に使っていただけたら幸いです。

 

1:コースの解説

中山芝1800m

スタート地点は正面スタンド前直線の半ば。ゲートオープン後、すぐに急坂がある。最初の1コーナーまでの距離は約205m。1~2コーナーの中間までは上り坂で2コーナー手前が最高点。その後は内回りコースに入り、3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差約2.2mの急坂がある。

 

向正面に出るまでに2つのコーナーを走るため、1コーナーで外を回されると距離ロスが多くなる。そのため外枠の先行馬は不利とされる。器用さを備えた逃げ・先行馬が有利となりそうだが、先行争いが激しくなるので差し・追込馬も健闘している。馬場が渋った場合は先行馬が有利。

 

 

2:データをチェック!!

中山芝右1800-1

2019年に行われた中山芝右1800mのレースは全部で36レース。36レースの統計結果のデータから傾向を探っていこう。

 

中山芝右1800-2

【枠】5枠の勝率が最も高いのだが、それでも19.4%なので突出しているわけでもない。むしろ勝率が唯一1桁5.6%しかない7枠が目立つ。【枠スジ】を見ると258が44.4%ということで2枠5枠8枠が多め。【偶数奇数】は19:17で偶数枠のほうが勝利数は多いが、2つしか差がなく52.8%:47.2%なので参考にできるほどではない。

 

【脚質】先行馬の勝率47.2%が最も高い数値となっており、次点である差し馬の27.8%に大きな差をつけている。【前後】で見ると前が66.7%で、勝利馬の3頭のうち2頭が前残りということがわかる。

 

【血統】全36レース中27レースでターントゥ系が勝利しており勝率は圧巻の75%。次点のノーザンダンサー系が16.7%なので、差が大きく傾向としては強めで参考にしたいところだ。

 

中山芝右1800-3

ランキングトップ5全てがターントゥ系で独占する結果となった。そして逃げ・先行で独占している。総合すると、中山芝1800mは、4.5.6枠で先行するターントゥ系の馬が強いということになる。。

1位となった6レースは以下の通り
①1/19:若竹賞(500万下)
ヒシイグアス/ミナリク/[東]堀宣行

②3/16:フラワーC(G3)
コントラチェック/丸山元気/[東]藤沢和雄

③3/17:3歳未勝利
シングフォーユー/石橋脩/東]牧光二

④3/24:両国特別(1000万下)
ウインイクシード/松岡正海/[東]鈴木伸尋

⑤9/8:3歳以上1勝クラス
ブランクエンド/田辺裕信/[東]加藤征弘

⑥12/15:ディセンバーS(L)
セダブリランテス/石川裕紀/[東]手塚貴久

 

 

3:中山芝右1800mの主な重賞

中山牝馬EC

2019年

2020年

フラワーC_アイキャッチ

2019年

2020年

スプリングS-EC

2019年
2020年

 

↓他の情報を探すなら↓

↓勝利馬を占う↓

↓連対馬を占う↓

↓複勝馬を占う↓

にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました