ラジオNIKKEI賞 2019~統計で読む傾向と予想~

ラジオNIKKEI賞-EC G3
スポンサーリンク

ラジオNIKKEI賞の過去データを探る

6月30日(日)はラジオNIKKEI賞(G3)です。
このブログでは過去10年のレースデータから簡単な統計を出して傾向を探っていきます。
当サイトの競馬情報をみなさんの競馬予想に役立てていただけたら嬉しいです。

 

 

更新スケジュール

[2019/06/25/23:30]統計表公開
[2019/06/25/23:30]過去データ簡易分析公開
[2019/06/28/12:00]出馬表掲載
[2019/06/29/23:35]予想公開
[2019/06/30/20:45]予想結果/レース結果掲載

過去10年のレース結果

0630_結果_ラジオNIKKEI賞

 

過去10年の配当

0630_配当結果_ラジオNIKKEI

 

 

過去の配当から見えてきたモノ

“中位人気が鍵を握る?”

 

狙い目の券種は上位から
枠連【1,000円~2,990円:60%
三連単【100,000円~:50%
ワイド【1,000円~2,990円:46.7%
単勝【~490円:40%】
馬連【1,000円~1,990円:40%】
三連複【30,000円~:40%】

各券種のデータは【過去10年の配当】を参照ください。

 

最も高い数値は枠連1000円~2990円の60%。中央値は1,225円で平均額が2,640円とどちらも範囲内に入っている。

 

三連単とワイドも範囲内に中央値と平均額が入っているが、三連単は10万円以上上限ナシの範囲なのでアテにはならない。そして単勝・馬連・三連複は中央値・平均額のどちらかが範囲内に入っていない。

 

ここ4年だけを見ると単勝490円以下が続いているので、勝利馬は人気のまま決着しそうだが。。。

 

ということで、今週は枠連とワイドを意識して1着~3着の絞込みをします。馬単・三連単の買い目は掲載しない予定です。

→【2019の結果】配当表を参照、枠連とワイドと三連単の3券種がホットスポットの範囲の配当となった。

 

荒れ指数は343
上位人気と中位人気が入り乱れる難しいレース

 

01_カオス度3

 

過去10年の統計

0630_統計_ラジオNIKKEI賞

 

過去の統計を当てはめてみた

EC-当てはめてみた

過去の統計から見えてきた傾向を、今年の出走登録馬に当てはめて絞り込んでいきますっ!!

 

出走登録馬と前走レース
アドマイヤスコール
[前走]青葉賞/G2 ←参照ページ
インテンスライト
[前走]プリンシパルS/L
ウインゼノビア
[前走]オークス/G1 ←参照ページ
ヴァンケドミンゴ
[前走]京都新聞杯/G2 ←参照ページ
ギルマ
[前走]山藤賞/500万下
ゴータイミング
[前走]阪神6R/500万下
サヴォワールエメ
[前走]阪神6R/500万下
ショーヒデキラ
[前走]東京8R/1勝
ショウナンバルディ
[前走]阪神6R/500万下
セントウル
[前走]青葉賞/G2 ←参照ページ
ダディーズマインド
[前走]皐月賞/G1 ←参照ページ
ディキシーナイト
[前走]スプリングS/G2 ←参照ページ
ヒシイグアス
[前走]スプリングS/G2 ←参照ページ
ヒルノダカール
[前走]白百合S/L
ブラッドストーン
[前走]夏木立賞/500万下
ブレイキングドーン
[前走]京都新聞杯/G2 ←参照ページ
ブレイブメジャー
[前走]東京7R/500万下
ポルーニン
[前走]東京5R/500万下
マイネルサーパス
[前走]日本ダービー/G1 ←参照ページ
ランスオブプラーナ
[前走]皐月賞/G1参照ページ
レッドアネモス
[前走]白百合S/L

※正式な出馬表は枠順が確定した後に金曜日に載せます

 

1着

“とにかくターントゥ系から”

 

出走登録は6月24日(月)時点で21頭。
『1着馬の過去10年の統計』で最も高い数値は100%が2つ。
性【牡:100%
血統【ターントゥ系:100%
ターントゥ系以外の馬と牝馬を選考からlハズしていこうか。

ウインゼノビア:牝馬
サヴォワールエメ:牝馬
レッドアネモス:牝馬
インテンスライト:ネイティヴダンサー系
ヴァンケドミンゴ:ネイティヴダンサー系
ギルマ:ノーザンダンサー系
ショウナンバルディ:ネイティヴダンサー系
ブラッドストーン:ネイティヴダンサー系
ポルーニン:ノーザンダンサー系
マイネルサーパス:ネイティヴダンサー系
ランスオブプラーナ:ノーザンダンサー系

11頭が選考からハズれて残るは10頭。

 

 

次に絞っていく項目は80%の項目。
所属【東:80%
関西馬をハズしていく。

ゴータイミング:関西馬
セントウル:関西馬
ヒルノダカール:関西馬
プレイキングドーン:関西馬

ここで4頭が選考からハズれて残るは6頭。

 

 

次に絞っていく項目は60%の項目。
小血統【サンデーサイレンス系:60%
サンデーサイレンス系をピックアップする。

アドマイヤスコールディープインパクト系
ショーヒデキラディープインパクト系
ダディーズマインドディープインパクト系
ディキシーナイトサンデーサイレンス系
ヒシイグアスサンデーサイレンス系
ブレイブメジャーサンデーサイレンス系

3頭が選考からハズれて残るは3頭。

 

 

次が最後となるが50%の項目が2つ。
負担重量【54kg:50%
脚質【差し:50%
2つに該当する馬はいるのか?

ディキシーナイト
負担重量:56kg
脚質:先行

ヒシイグアス
負担重量:54kg
脚質:先行

ブレイブメジャー
負担重量:54kg
脚質:先行

ディキシーナイトはどちらにも該当しなかったため、ここで脱落。。
ということで、ヒシイグアスブレイブメジャーを推奨勝利馬として挙げておく。

→【2019の結果】勝利馬は7-14ブレイキングドーンという結果に終わった。

 

 

2着

“絞り切れず・・・”

 

『2着馬の過去10年の統計』で最も高い数値は90%
性【牡:90%
まずは牝馬をザックリとハズしていく

ウインゼノビア:牝馬
サヴォワールエメ:牝馬
レッドアネモス:牝馬

まず3頭が選考から漏れることになり、残るは18頭。

 

 

次に絞っていく項目は70%の項目が2つ。
所属【東:70%
血統【ターントゥ系:70%
関東馬以外とターントゥ系以外を選考からハズそう

インテンスライト:ネイティヴダンサー系
ヴァンケドミンゴ:ネイティヴダンサー系
ギルマ:ノーザンダンサー系
ショウナンバルディ:ネイティヴダンサー系
ブラッドストーン:ネイティヴダンサー系
ポルーニン:ノーザンダンサー系
マイネルサーパス:ネイティヴダンサー系
ランスオブプラーナ:ノーザンダンサー系
ゴータイミング:関西馬
セントウル:関西馬
ヒルノダカール:関西馬
ブレイキングドーン:関西馬

一気に12頭が選考から漏れることになり、残るは6頭。

 

 

次に絞っていく項目は60%の項目。
小血統【サンデーサイレンス系:60%
6頭の中からサンデーサイレンス系を探そうっ!!

アドマイヤスコール:ディープインパクト系
ショーヒデキラ:ディープインパクト系
ダディーズマインド:ディープインパクト系
ディキシーナイトサンデーサイレンス系
ヒシイグアスサンデーサイレンス系
ブレイブメジャーサンデーサイレンス系

半数の3頭が選考から漏れることになり、残るは3頭。

 

 

次の50%の項目は2つ。
負担重量【55kg:50%
レース(前走)【OP:50%
これで決まるかな?

ディキシーナイト
 負担重量:56kg
 レース(前走):G2

ヒシイグアス
 負担重量:54kg
 レース(前走):G2

ブレイブメジャー
 負担重量:54kg
 レース(前走):500万下

う~~~~んんん。1頭も該当しなかったぁぁ。
じゃあ次いこうっっ!!

 

 

ラストは40%の項目が2つ。
距離(前走)【2000m:40%
ローテーション【4週:40%
これで決まらないようなら3頭とも2着候補とします。

ディキシーナイト
 距離(前走):1800m
 ローテーション:10週以上

ヒシイグアス
 距離(前走):1800m
 ローテーション:10週以上

ブレイブメジャー
 距離(前走):1600m
 ローテーション:中8週

3頭とも該当しなかったので、仕方ない・・・
3頭を2着候補として挙げておきます。
本予想は土曜夜にUPしますので、そのときにまたチェックしてみてください。

→【2019の結果】2着は1-2マイネルサーパス。

 

 

3着

“2回に1回は53kg”

 

『3着馬の過去10年の統計』で最も高い数値は100%
性【牡:100%
まずは牝馬をザックリとハズしていく

ウインゼノビア:牝馬
サヴォワールエメ:牝馬
レッドアネモス:牝馬

まず3頭が選考から漏れることになり、残るは18頭。

 

 

次に絞っていく項目は80%の項目。
所属【東:80%
関西馬を選考からハズそう

ヴァンケドミンゴ:関西馬
ギルマ:関西馬
ゴータイミング:関西馬
ショウナンバルディ:関西馬
セントウル:関西馬
ヒルノダカール:関西馬
ブレイキングドーン:関西馬
ランスオブプラーナ:関西馬

8頭が選考から漏れることになり、残るは10頭。

 

 

次に絞っていく項目は50%の項目が2つ。
負担重量【53kg:50%
距離(前走)【1600m:50%
10頭の中から該当する馬を探してみようっ!!

アドマイヤスコール
負担重量:54kg
距離(前走):2400m

インテンスライト
負担重量:54kg
距離(前走):2000m

ショーヒデキラ
負担重量:52kg
距離(前走):1600m

ダディーズマインド
負担重量:54kg
距離(前走):2000m

ディキシーナイト
負担重量:56kg
距離(前走):1800m

ヒシイグアス
負担重量:54kg
距離(前走):1800m

ブラッドストーン
負担重量:52kg
距離(前走):2000m

ブレイブメジャー
負担重量:54kg
距離(前走):1600m

ポルーニン
負担重量:53kg
距離(前走):1600m

マイネルサーパス
負担重量:54kg
距離(前走):2400m

2つ両方に該当する馬が1頭だけいたっ!!!
ポルーニンだっ/////

 

 

ということで3着推奨馬はポルーニンということにしておこう。3着は負担重量53kが2回に1回きている。そしてこの5年で見ると、負担重量53kgを背負った馬が3回3着に入っているので53kgが強い印象がある。

→【2019の結果】3着はゴータイミングだったが、負担重量53kgなのでやはり53kgは強かった

 

“人気”分析

“偶数奇数ゾロ?”

 

人気の組合せを見てみよう。

【2009年】8-6-1
【2010年】5-13-2
【2011年】3-2-6
【2012年】2-1-16
【2013年】8-14-5
【2014年】5-1-7
【2015年】1-4-12
【2016年】1-9-5
【2017年】2-8-9
【2018年】2-1-9

 

出現頻度(1着~3着)のランキング
1位:1番人気/60%(6回/10年)
2位:2番人気/50%(5回/10年)
3位:5番人気/40%(4回/10年)
4位:8番人気/30%(3回/10年)
4位:9番人気/30%(3回/10年)
6位:6番人気/20%(2回/10年)

 

今回はワイドを意識しているので1着~3着で見ていく。1番人気が10年で6回3着内に入っており、近5年で見ると4回入っているので軸候補としては強そうだ。逆に2番人気は近5年で2回なので少し弱めかな。

 

気になったのは3番人気と4番人気があまり馬券に絡んでないこと。2011年1着に3番人気、2015年2着に4番人気が入っただけであとは全く。。。3番人気馬と4番人気馬を買うときにはそれなりの根拠を持っておいた方が良さそう。

→【2019の結果】今年は3.9.6(人気)という結果だった。予想に反して3番人気がきた

 

次に上記の人気組合せを偶数奇数に分けてみた。

左=1着 /中=2着 /右=3着

【2009年】●●○
【2010年】○○●
【2011年】○●●
【2012年】●○●
【2013年】●●○
【2014年】○○○
【2015年】○●●
【2016年】○○○
【2017年】●●○
【2018年】●○○

○=奇数
●=偶数

 

1着は50%で偶数奇数半々
2着は50%で偶数奇数半々
3着は60%奇数
比率は14:16
偶数奇数に差はほぼ無い。

 

●●○(偶数・偶数・奇数)のパターンが10年で3回=30%
○●●(奇数・偶数・偶数)のパターンが10年で2回=20%
○○○(全部奇数)は10年で2回=20%
○○●(奇数・奇数・偶数)のパターンが10年で1回=10%
●○●(奇数・偶数・偶数)のパターンが10年で1回=10%
●○○(偶数・奇数・奇数)のパターンが10年で1回=10%

●●●(全部偶数)は10年で0回=0%

 

1着は2年奇数きて2年偶数きて3年奇数きたから3年偶数?だとしたら今年2019年の1着は偶数人気ということになるが・・・w。それよりも2着が面白いw毎年偶数奇数偶数奇数~と順番になっている。じゃあ今年の2着は偶数??

→【2019の結果】今年は3.9.6(人気)という結果だったので、2着は奇数

 

10年の間で1着と2着が[偶数偶数][奇数奇数]となったのは6回ある。もしゾロにならないようなら[奇数偶数]がくるような気がする。以下参照

【2011年】○●
【2012年】●○
【2015年】○●
【2018年】●○
↓↓↓↓↓↓
【2019年】○●??

→【2019の結果】今年は3.9.6(人気)という結果だったので、○○●ということに

 

オカルト的考察

EC-オカルト的考察

 

『人気分析』に載せたように、人気の出現頻度(1着~3着)上位3つは1番人気・2番人気・5番人気なので、これに関してオカルト的な考察を・・・

 

1番人気と2番人気・5番人気がどれだけ一緒に馬券に絡んでいるか?

【2009年】8-6-1=
【2010年】5-13-2=★
【2011年】3-2-6=
【2012年】2-1-16=●
【2013年】8-14-5=
【2014年】5-1-7=▲
【2015年】1-4-12=
【2016年】1-9-5=▲
【2017年】2-8-9=
【2018年】2-1-9=●

 

1番人気と2番人気=●
1番人気と5番人気=▲
2番人気と5番人気=★
1番人気単独=
2番人気単独=
5番人気単独=

まず、1番人気2番人気5番人気の3つのうちどれかは毎年必ず3着内に入っている!!そしてその数は1頭2頭1頭→と毎年入れ違いになっている!!このパターンでいけば、去年2018年は1番人気と2番人気が3着内に入っているので、今年2019年は1番人気2番人気5番人気どれか1頭だけが3着内に入るということになる。2頭でなく1頭だけ。

→【2019の結果】1番人気・2番人気・5番人気のいずれも3着内には入らず。。。

 

更に言うならば、その1頭もパターンがあってときていることから、今年3着内に入ることが最も期待されるのは5番人気の馬だっ!!

→【2019の結果】5番人気のヒルノダカールは6着に終わった・・・

 

もし1番人気とも2番人気とも絡まずに5番人気だけが3着内に入るということになれば、三連単91万円を叩き出した2013年の8-14-5(人気)みたいなコトになるかも!?人気分析で書いた[偶数偶数]ゾロ60%にも当てはまる。。。

 

信じるか信じないか

 

 

※当レースの本予想はレース前日の6月29日(土)を予定しています。もし遅れた場合はレース当日の正午までにこの記事にUPします。その前に金曜午前中に投票機能付きの出馬表を載せますので、みなさんの予想を投票して教えてください。

↓勝利馬は?↓

↓2着馬は?↓

にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

↓3着馬は?↓

 

出馬表

金曜日に出馬表を載せます
※予想の投票が出来るような仕様になっていますのでぜひ投票してみてください
※予想はレース前日の夜に公開しますのでまた後ほどチェックしてみてくださいっ///

 

↓先週のレースはこちらから↓
https://wakuwaku-analyst.pinterputtan.com/takaradukakinen2019/

 

予想

◎本命 5-9ヒシイグアス
○対抗 3-5ディキシーナイト
2-3ダディーズマインド
▲単穴 6-11ヒルノダカール
4-7インテンスライト
△連下 3-6ブレイブメジャー
×入賞あり 5-10レッドアネモス
8-16アドマイヤスコール
★特注 ランキング説明文に記載←100位あたりです//
1-2マイネルサーパス

→【2019の結果】特注に載せた2頭が3着内に・・・他はヒドいもんでした

 

買い目

【単勝】

5-9ヒシイグアス

 

【複勝】

5-9ヒシイグアス
2-3ダディーズマインド

 

【枠連】

5-2.3.4.5.6(5通り)

 

【馬連】

9-3.5.6.7.10(5通り)

 

【ワイド】

3-5.6.9(3通り)

 

【馬単】

9-3.5.6.10.11(5通り)

 

【三連複】

9-5-2.3.6.7.10.11.13.16(8通り

 

【三連単】

9-3.5-3.4.5.6.7.11.13(12通り)

 

【三連単(大冒険/人気次第で直前に変更アリ】

13.14-10-4.13.14(4通り)

3.13-3.10-3.4.13(5通り)※201906301538修正※

→★ううううう~~~~~~~んんんん!!!惜しかったなぁ。4通りの方、2着を1-2マイネルサーパスにすれば当たってたのか・・・・悔しいw★

 

レース結果

1着 7-14 ブレイキングドーン 田辺裕信
2着 1-2 マイネルサーパス 柴田大知
3着 7-13 ゴータイミング 武豊
4着 2-3 ダディーズマインド 宮崎北斗
5着 8-16 アドマイヤスコール 横山典弘
単勝 14 840円
複勝 14 280円
2 520円
13 400円
枠連 1-7 2,400円
馬連 2-14 6,240円
馬単 14-2 11,290円
ワイド 2-14 2,050円
13-14 1,520円
2-13 3,800円
3連複 2-13-14 26,540円
3連単 14-2-13 142,140円

 

↓勝利馬を占う↓

↓連対馬を占う↓

↓複勝馬を占う↓

にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました